【緊急】チアパス州沿岸沖を震源とする地震に関する注意喚起

●チアパス州沿岸沖でマグニチュード8.2の地震が発生し、現在もマグニチュード5.0クラス前後の余震が断続的に発生しています。

●今後も、余震が継続的に発生し、新たな津波警報等が発出される可能性もありますので、報道等を通じて、情報収集に努めてください。

メキシコ当局によれば、9月7日23時49分頃、Chiapas州Pijijiapan沖約133kmを震源とするマグニチュード8.2の地震が発生し、現在も断続的に余震が発生しています。

当地報道(当地時間午前7時19分)によれば、オアハカ州で死者20人、チアパス州で死者4人、タバスコ州で死者2人、計26人の死者が確認されています。なお、現在までのところ、邦人被害については確認されていません。

1985年のいわゆるメキシコ大地震の際には、24時間以内に大きな余震が発生しています。今後も、余震が継続的に発生し、新たな津波警報等が発出される可能性もありますので、報道等を通じて情報収集に努め、十分ご注意下さい。

このメールは、在留届に届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されています。

(問い合わせ先)

在メキシコ日本国大使館

住所:Paseo de la Reforma No. 243、 Torre Mapfre Piso 9、 Col. Cuauhtemoc、 C.P. 06500 México、 Ciudad de México.

(※2015年11月から上記住所に移転しましたのでご注意ください。)

Tel:+52(55)5211-0028

Fax:+52(55)5207-7030

メール:ryojibu@me.mofa.go.jp

★外務省海外安全ホームページでは、海外における安全対策としての注意事項をまとめた各種資料を公開していますので、皆様の海外安全対策にお役立てください。

<海外安全虎の巻>

 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/tora_2017.pdf

<海外赴任者のための安全対策小読本>

 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/pamph_08.pdf

<海外における脅迫・誘拐対策Q&A>

 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/pamph_04.pdf

★万が一、犯罪被害に遭われた際は、当館領事班までご連絡ください。

★転居・帰国・家族構成の変更等により在留届の記載事項に変更があった場合は、インターネット( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/ )で変更の手続きをしていただくか、変更届をFAX、郵送またはスキャンデータのメール送信にて当館まで提出していただくようお願いします。

変更届フォーマット:http://www.mx.emb-japan.go.jp/files/000180336.doc

★日本人の安全に関わる情報等広く周知すべき情報は、在留届に登録されたメールアドレスに送信されます。その他の情報に関する大使館からのお知らせメールの受信登録、削除及びメールアドレスの変更は、次のURLからお願いします。

https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mailmz/menu?emb=mx

★「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続をお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

投稿日: